スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

ステロイド性皮膚炎。。。その後

しめじが皮膚科専門病院へ行ってから、3週間経った先週末、
経過観察の為、再び病院へ

しめちゃん、診察室に入るなりひじしめに『しかっ!』とくっついて
離れません。。。

ステロイド性皮膚炎。。。その後1

いやいやっ。。。かなりビビッてましたって。。。

今回は前回おこなった、細菌のバイオ検査の結果を説明してもらいました。

犬の膿皮症の主な原因菌の『S.pseudintermedius』
(先生はスラスラ読んでましたが、ひじしめもう忘却の彼方です。。。。)
っていう菌がありました。

この菌自体は、犬が普通に持っている菌らしく
これが検出されたからって、大変な病気!ってことはないとのこと

この菌に効く薬はいくつかあるのですが、
しめじの場合、飲んで効くのは1種類のみ。。。

さらに、この菌だんだん薬に強くなってきているらしい。。。

ステロイド性皮膚炎。。。その後2

しめじはパピーの頃、半年ほどステロイドを服用してました。
その後も頻繁に膿皮症かかり、その都度ステロイド剤の入った塗り薬を使用したり。。。
その結果皮膚が薄くなってしまい、現在のような赤みがなかなか消えない状況になっています。

菌に効く薬の数が少ないってことは、今後も同じ膿皮症になった際、
一般的に効くだろうとされてる抗生剤を飲んでも改善されないってことが考えられるとのこと。

するってーと、化膿したり完治するのに時間がかかったりとなり、いつまで経っても
治らないという悪循環に陥る心配もあるらしく。。。

でも、でも、

この『S.pseudintermedius』って菌は薬には強くなったけど、わんこの体に対して
侵略を続けていくというものではないとのこと。
さらに、薬に強いということは菌自体がとてもエネルギーを使うらしく、
エネルギーの使い過ぎで自滅してしまうことが多いとのこと。

なんか、変な菌。。。(笑)

ステロイド性皮膚炎。。。その後3

もっといいもの飼ってください。。。

今後もシャンプーを部分的におこないながら経過観察を続けます。

そうそう、先生から気になるお言葉が。。。

「しめじ君はほんとに食物アレルギーですかね。。。」

えっ?違うの

先生が言うには、食物アレルギーのわんこは10年間で1,2例というレアなケースだそうで。。。
でも、食べるもの変えたらひどかったブツブツも少し落ち着いたし?

「たまたま、落ち着く時期と重なったってことも考えられるし、パピーから成犬になって
皮膚が強くなったから落ち着いたとも考えられるんですよ。」って。。。

「もっと食べれるものが増える可能性もありますね」だって。。。

今後はしめじが今のようになってしまった根本的な原因を探っていくそうです。

ステロイド性皮膚炎。。。その後4

そうだね~、増えるといいね~

そうそう、余談ですが。。。。
しめちゃん、この病院へ行くととても怖がります。
いつもの近所の病院も好きではないですが、先生も顔見知りの為か
泣いたりしません。
でも、この病院では私と離れて診察室の中に連れて行かれると
「きゅーきゅー」と泣き声が聞こえてきます。

先生が、食べ物で落ち着かせようとおやつを差し出したようですが、
なんと、しめちゃん私や専任トレーナーがいない場所でおやつを食べなかったとのこと。

ステロイド性皮膚炎。。。その後5

すごいね。。。しめちゃん、パグなのに食べなかったんだ。。。
ちなみに、私達が一緒にいた時は敵(先生)からの情け受けてました。。。

考え方に柔軟性もあるようです。。。

にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2011-02-10(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント

 

凄い!しめちゃんパグなのにオヤツを食べなかったとは~!
それだけ不安いっぱいだったってことか・・・。
でも朗報じゃない!しめちゃんが食べれる物が増えるかも知れないんだってよー!!
膿皮症とは上手く付き合っていかなくてはならなそうだけど、でも原因がわかった分しめちゃんの体への負担が軽減されそうだもんね。
甘えん坊しめちゃん頑張れー!
2011-02-10 11:26 | イヴまま☆ | URL   [ 編集 ]

 

ほうほう!凄い勉強になった。
きちんと菌を特定して、しめちゃんに合う薬を特定してくれるんだから、
専門の病院は違うなぁって思ったし。

アレルギー検査でうちも食べ物も出たけど、あれって目安でしかないと思った。
今なんて、アレルギーの出たのおやつに食べても全然平気だしね。
うちの場合は体力(免疫)とストレスだったのかなぁって。

病院嫌いのしめちゃんにはちょっとだけ可哀相な気もするけど、
頑張って通って、落ち着いた状態をキープ出来るようになればいいね。

一つだけ聞いてもいい?
そこの病院って、カリカリフード推進派?
それとも、手作り食でもカリカリでもいい感じなの?
2011-02-10 11:54 | はや | URL   [ 編集 ]

 

しめちゃんすごい!! ひじしめさんたちのいない所では食べなかったんだ!
アタシったら、ここに一番、食いついてしまったぁ~。

専門の先生に診てもらって、本当によかったよね~。
羨ましい。私もここな連れて、そこ行きたいっ。

食べ物アレルギーのこと、ここなの先生も同じようなこと言ってたんだよね。
でも、食べ物すごく気をつけてる人が多いでしょう。
だから、どうなのかな~うちも食べ物調べ方がいいのかな~とか
なんとなく、はっきりしないまま、考えてたんだよね。
やっぱ、それほど関係ないのかなぁ。
アレルギーって、いろんな要素が複雑に絡み合ってるんだろうねぇ。

とにかくっ。しめちゃん、食べられるもの増えるかも♪ね!
よかったぁ~(*^.^*)
2011-02-10 12:46 | ここなmama | URL   [ 編集 ]

 

アレルギーね~。
そうそう、友達のわんこもアレルギー検査でひっかかったけど、
「普通にあげてるけど大丈夫みたい・・・」って言ってた。
たまたま、免疫力が落ちてたりすると反応しちゃうのかなぁ?
そういえば、私のアレルギーも疲れてたりすると、症状がひどくなる。
しめじくんも、食べられるもの増えるといいねー!
色んなもの食べると、免疫力もあがるかもしれないし。
そしたら、少しは皮膚の状態もよくなるかもしんないし!

そういえば、萬も前、目の検査した時、
なだめるために、先生がおやつくれたんだけど食べなかったよ~。
・・・しかも飼い主が目の前にいたのに…。
2011-02-11 09:28 | つき | URL   [ 編集 ]

イヴまま☆さま 

びっくりですよね~
私もしめじの症状を聞くよりも、「えっ!?食べなかった?」って
ほうに集中しちゃいましたよ(爆)
食物のアレルギーってほんとに数少ないってことは
なんとなく聞いてたんですけど。。。
でも、実際今まで駄目って言われてたもの食べさせる瞬間が
ちょっと怖いかも。。。
2011-02-11 13:07 | ひじしめ | URL   [ 編集 ]

はやさま 

そうそう!勉強になるよ。先生の話難しいけど
わかりやすく説明してくれる。
今後も薬を処方してもまったく効かないってことが
あるから注意したほうが。。。って言われたんだけど
どこの病院でも特定してくれるとは限らないし・・・
そこはちょっと心配でもある。。。
食事については今のとこなにも言われてないよー
最初の問診の時に普段どんなものを食べさせてますかって記入する箇所が
あったから、詳しく書いたけど、
内容を読んでも「工夫されてますね~」ってな感じだった。
特に手作りを反対してる感じでもなかったよ。
なんか聞いたら報告するねっ!!
2011-02-11 13:13 | ひじしめ | URL   [ 編集 ]

ここなmamaさま 

すごいでしょ!!
私も「食べなかった」ってところに一番食いついたよ!(爆)
全部が全部じゃないけど、食べ物のアレルギーで一番症状にでるのは
寝られないくらい痒いらしい。。。
考えてみると、しめじもひじきも寝られないほど痒いってことはなかったんだよね。
でも、今まで駄目って言われてたものを食べさせてみるのって
勇気がいるぅぅ~
2011-02-11 13:22 | ひじしめ | URL   [ 編集 ]

つきさま 

そうだよね~
アレルギーの検査した時も「これで全てが解決するわけではない」って
言われたな。。。
いろんなものが食べれるのって大事だよね。
免疫力や健康にも絶対大事だもんね。。。
そう考えると、食べれるものが増えることはいいことなんだろうな。
でも、今まで駄目だったものあげるの少し勇気がいる。。。
また、痒くなったらどうしようとか、今以上にひどくなったらとか。。。
それにしても萬先輩、さすが武士道をひた歩くだけある!
どんな環境でも敵の情けは受けないちゅーことね!
渋い!かっこいい!(。。。びびってるだけじゃない、、、よ、、ね。。。?)
2011-02-11 13:26 | ひじしめ | URL   [ 編集 ]

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。