スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

血小板減少症・・・大学病院へ

しめっちが発病した『特発性血小板減少症』

先週の水曜日、ほぼ一日かけて大学病院で検査をしてきました。

結果。。。

一時、9000に下がった血小板の値はなんと25万まで急上昇

大学病院へ行く、1日前から紫斑もすべて消え素人判断では
「検査必要ある?」ってぐらいでした。

でも。。。。
先生からのお話は楽観できる状態ではないとのこと。

血小板の数値が急速に下がること自体、必ず何かの病気が隠されている。
現時点で、できる検査(血液・エコー等)を見た限りでは
異常や腫瘍などは見つかっていない。

これ以上検査をするには、現在服用している薬を停止し、
完全に薬の影響がでない期間(約2週間後)
間をあけて、骨髄検査を全身麻酔で行う。

等々、眉間にしわを作りながら聞くような説明をされました。

なんでも、現在飲んでいる薬は大学病院の先生いわく、
「病状が確定していないのに、なぜこの薬を処方したのかわからない」とのこと。

でも、先週紫斑が出ていた時に放置していたら、死亡してる可能性はあった。
この薬を飲んでいるせいで、現時点で骨髄検査できない(薬が結果に影響を与えるから)

・・・先生?
じゃあ、どうすればよかったんですか?
大学病院の受診まで、想像よりも早かったけど1週間あったよ?

この疑問をぶつけてみると
「しめじちゃんのように重篤な場合は、優先して診察します」って。
でも、でも、1週間でしょ?

結局、現在の薬を血小板の数値を確認しつつ、減らしていき
薬を服用しなくなった時点で、血小板の数値が安定すれば
一旦はOK。
でも、今後再発する可能性は大きい。

「肺で出血した場合は、誰も助けられません」だって。。。

血小板が減少している状態で(薬を飲まずに)骨髄検査した場合、
出血が止まらなくなる可能性がある。
なので、血小板の値が正常値の状態の時に、骨髄検査を実施する。

とのことらしいです。

この骨髄検査は必須ではないとのこと。
お決まりの「飼い主さんの判断です」だって。。。

今後は地元の先生と相談して決めることとなりました。


今、しめっちはとっても元気。
ステロイドを服用してたので、肝臓の数値が高くなっているけど、
これは薬をやめたら徐々に下がってくるので心配はいらないとのこと。

元気なのに、全身麻酔で検査か。。。

なにが、彼にとって一番良い方法なんだろうな。。。

今も大事をとって、血小板の値が安定するまで、
制限事項はそのまま継続中。

病院にもカートに乗って行ってます。

カート

二人っきりでカートに乗って出かけると、心配そうなしめっち。
なんどもなんども、振り返って私の顔を見てます

普段、ひーちゃんといつも一緒だから不安なんでしょう。

そして、ひーちゃんはといえば。。。

変わりなし


なーんの変りもなく、いつものひじき。

病院に付き添って疲れたり不安になったり、
一人で留守番させられたり。。。

いつもと変わったことが沢山あってストレスもかかってるだろうけど、
いじけることもなく、元気いっぱい

ありがとうね。ひじき

骨髄検査をするかしないかは、まだ決められません。
まずは、血小板の値を安定させることを目指して、それから考えます。

にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2012-10-29(Mon)
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。