スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

ステロイドの副作用~結局。。。~

フィラリアの血液検査を行った4月。
結果から、ALPの値が正常値より高いと判明。。。
ALP=アルカリファスファターゼの数値が高いと、肝臓や腎臓の異常が
まず考えられるとのことで、この1ヶ月半ほど、薬を毎日飲んでました。

ステロイドの副作用~結果~3


先日検査した時は、数値は下がってきてきていましたが、
先週は逆に上がってしまいました。。。

別の薬を処方され、再度1週間飲み続け。。。
この週末、再検査に行ってきました。

結果。。。
ひじきはほぼ正常数値に戻り

しめじは。。。
数値が上がってました。。。

結論。。。
しめじに関しては一時数値が下がったものの、
薬が効かなかった。。。
1ヶ月ほど飲んでた薬は肝臓系の薬だったのですが、
結局、肝臓が悪いわけではなかったらしく、だから効かない。。。

じゃ、どこが悪いんだ????

先生も現段階では判断できないとのこと。。。

この先、1ヶ月薬も止めて様子見となりました。
理由はステロイドの副作用が自然に体外に出て行くのを待つため。

どうやら、もうステロイドを飲んでいないのに、
脳が飲んでいる時を同じように、ホルモンの分泌を過剰にしてる可能性も
考えられるとのこと。。。

でも本人達はとても元気で、見た目は健康そのもの!!

ステロイドの副作用~結果~1

ステロイドの副作用~結果~2

1ヶ月後に再度血液検査を行い、また数値が上がっているようだったら
今度はホルモンのバランスを検査するとのこと。

が。。。ホルモンの検査をして、悪い数値が出たとしても、
その薬が穏やかな皮膚の状態を悪化させてしまうことも考えられるとのこと。。。

ひじしめ、戦う相手がわからなくちょっと凹みました。。。
1ヶ月間、なにもすることができないなんてイヤだな

。。。なーんて!落ち込んでばかりはいられません

自然治癒力を信じながら、この笑顔と

ステロイドの副作用~結果~4

この笑顔を

ステロイドの副作用~結果~5

守らないとぉぉぉぉぉ

にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2010-05-26(Wed)
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。